なるほど青汁|トップページ > 青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

ニキビの種類と原因

ニキビは大きく分けて「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の二種類にわけられます。
思春期ニキビと大人ニキビの違いは皮脂の過剰分泌、角栓が詰まることという原因の違いがあります。ほかにもニキビができる場所にも違いがあります。

思春期ニキビ

思春期ニキビ

思春期ニキビとは、その名の通り10代の思春期にできるニキビのことです。
思春期は成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂を過剰に分泌してしまいます。
思春期の毛穴はまだ未熟なので皮脂が溜まりやすくなっています。毛穴に皮脂が溜まるとそこにアクネ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができやすい環境になってしまうのです。
皮脂が多く分泌される場所にできることが多く、鼻や額、頬などTゾーンから頬までの範囲にできやすいニキビです。

対策:
皮脂の過剰分泌が原因の思春期ニキビは皮脂の量と水分量のバランスを保つことが大切だといわれています。

大人ニキビ

大人ニキビ

大人ニキビは男性ホルモンが優位な状態になることにより毛穴に角栓が詰まりやすくなってしまいニキビを引き起こしてしまいます。さらに乾燥してしまい角栓の水分量が減るとさらにニキビができやすくなってしまいます。
また、ストレスや不規則な生活習慣が原因となり肌の新陳代謝サイクルが乱れてしまうことが原因となることがあります。
大人ニキビは、主にあごや口周り、フェイスライン、首筋にかけてできやすいと言われています。いわゆる「吹き出物」はこの大人ニキビのことを指します。

対策:
大人ニキビはホルモンバランスが原因なので生活習慣を見直す必要があります。ストレスをためない、しっかりと睡眠をとり規則正しい生活をおくる、バランスの良い食生活を心掛けることが最善の対策となります。

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

ニキビ跡に残ったシミや赤みは、ニキビによって炎症が起きた際に色素沈着が起こってしまうことによりできてしまいます。対策としては肌の新陳代謝を促進することが第一です。

ほかに、膿んでしまったり、腫れてしまった場合に患部が陥没してしまう場合があります。こうなった場合は自分で治すことが不可能になってしまいます。しかし放っておくことはできないので早めに皮膚科などを受診するようにしましょう。

青汁で対策できるニキビの症状

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

青汁で対策出来るニキビの症状は、大人ニキビとニキビ跡になります。
青汁には、ビタミンC・ビタミンA・ビタミンEなど、美肌に必要なビタミン・ミネラルなどニキビの予防やケアに必要不可欠な栄養がたくさん含まれているからです。

普段、食生活が乱れている方は、栄養バランスの乱れが原因で必然的にニキビのできやすい体になってしまい、ニキビ跡もできてしまいます。

日頃、食生活が乱れがちな方は、朝ごはん代わりに青汁を1杯加えたり、外食が多い人は外食になりそうな日のお昼は青汁をプラスしてみる・・・など食生活改善の一歩として青汁を利用してみてください。
青汁を飲むことによりその他の食生活や生活習慣に気を配るようになり、自然とニキビ・ニキビ跡のないお肌を手に入れることが期待できます。

大人ニキビやニキビ跡に良い青汁の種類と選び方

たくさんある青汁の中から大人ニキビ対策やニキビ跡のために良い青汁は以下成分が含まれているものを選ぶと良いです。

  • 色素沈着や美白効果、抗炎症作用のあるビタミンC
  • 皮膚の新陳代謝を促進するビタミンB2
  • 肌の抵抗力を高めるビタミンB6
  • 腸内環境をととのえる食物繊維

ビタミンCや食物繊維は大麦若葉やケールに多く含まれており、ビタミンB群は明日葉に多く含まれている為、青汁はこれらが原料として使用されている青汁を選ぶようにしましょう。

大人ニキビやニキビ跡対策の為の青汁の飲み方

大人ニキビやニキビ跡の対策に良い青汁のレシピを紹介します。

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由
青汁+アセロラジュース
青汁のビタミン・ミネラルに加えてアセロラの豊富なビタミンCを摂取することができます。豊富なビタミンCのおかげで抗酸化作用がはたらき、ニキビなどに効果があります。
青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由
青汁+ほうれんそう+バナナ+牛乳
家にミキサーがあるなら、ぜひスムージーにチャレンジしてみてください。ほうれん草はビタミンB1・食物繊維・ビタミンC。バナナはビタミンB1・B2、牛乳はビタミンAが含まれており、すべての食材にニキビ対策に必要な栄養素が詰まっています。作る手間はありますが、ただ青汁を飲むだけよりも何倍もの栄養価値があり、ニキビ対策に期待できます。
青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由
青汁+納豆
普通に納豆を食べる時に青汁の粉末を混ぜてみましょう。見た目はちょっと悪いですが、納豆の味に青汁独特の苦みが消されるので青汁が苦手な人でも食べやすいです。青汁だけでなく納豆に含まれるビタミンB2が肌の新陳代謝を促進させます。
青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由
青汁+ヨーグルト
ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を整え、老廃物をためない体を作ります。そのおかげで肌の新陳代謝もよくなり、ニキビ予防や対策に効果があります。
青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由
青汁+卵
卵に含まれるビタミンB5は肌に必要な栄養を運んでくれます。普通の卵焼きではなく、そこに青汁の粉末を混ぜるだけで栄養ばっちりなだけでなく、見た目もきれいな緑色の卵焼きが出来上がります。

いつ飲むのか、食べるのかですが、基本的に通常の食事の時間に一緒に飲むとよいでしょう。食事中は人間の消化器官が一番活発に動いています。そのため素早く栄養が吸収され体中に届きます。もし食事の時間が安定していなかったり、食事を抜くことが多い人はまずは食事代わりに青汁を飲み、食事のリズムを作るようにしてみましょう。

大人ニキビやニキビ跡を改善する為の生活習慣

大人ニキビやニキビ跡を青汁によって改善できるという話をしましたが、青汁だけで完全に治るわけではありません。
青汁はあくまでサポート役であり、それ以外の生活習慣の見直しが必要となってきます。

研究バランスの悪い食事

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

ダイエットによる無理な食事制限や、好き嫌いによる偏食、欧米型の食事が多いと必要な栄養素が不足したり、過剰摂取してしまう栄養素があったりとバランスが悪くなります。脂質や糖質が多く、ビタミン・ミネラルが少ない食事を続けていると、ニキビが減るどころかどんどん増えてしまう危険があります。そうならないためにも野菜をたくさん摂るように心がけることが大切です。

研究高GI食

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

聴きなれない言葉かもしれませんが、血糖値が上昇しやすい食品のことです。この高GI食がニキビの原因であるといわれています。この高GI食が原因で急激に血糖値を上昇してしまうと、インシュリンが過剰に分泌されます。インシュリンが増えると男性ホルモンの量も増えるため、大人ニキビの原因となってしまいます。そうならないためにも低GI食を中心にすることをおすすめします。

研究髪の毛がニキビに触れてしまう

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

ひどいニキビはちょっとした刺激でも反応してしまいます。もし今あるニキビが髪の毛が触れる位置にあるのなら、ニキビが治るまではまとめ髪などにしたほうがよいでしょう。
同じ刺激でも無意識にニキビを触るくせのあるひとがいます。これもキレイとは言えない手で触ることにより雑菌が入り炎症を起こしてしまうので、やめるようにしましょう。

研究喫煙・飲酒

青汁がニキビ・ニキビ跡を改善する作用があると言われる理由

タバコを吸うと毛細血管が収縮し血流が悪くなるため栄養が肌まで行きわたりません。また、新陳代謝の働きが鈍くなるためニキビができやすい肌になってしまいます。さらに、煙草を吸うとビタミンCを大量に消費してしまいます。ビタミンCを消費すると肌までまわってこないため、ニキビができやすくなってしまいます。
飲酒によるアルコール摂取がビタミンB群の吸収を妨げます。ビタミンB2が不足すると皮脂分泌の増加、ビタミンB6の不足が肌の新陳代謝の鈍化がおこります。それぞれニキビを治したい人にとってはNGです。

この記事のまとめ

思春期ニキビは大人になれば治ることが多い

青汁対策できるのは大人ニキビとニキビ跡

大人ニキビは野菜不足やホルモンバランスの乱れが原因

大人ニキビを治すためには食生活を含む生活習慣の改善が必要

青汁に含まれているビタミン、ミネラル、SOD酵素は、肌の健康のために必要不可欠

ページTOPへ