なるほど青汁|トップページ > 青汁の効果 > 大麦若葉の青汁の効果効能・研究データから美容や健康への働きを調査

栄養管理士

大麦若葉の青汁の効果の信ぴょう性を研究データをもとに調査check

大麦若葉

大麦若葉を含む青汁は、美容や健康に対してさまざまな効果がいわれていますが、実際のところ本当なのか?と感じる方もおおいのではないでしょうか。

このページは大麦若葉の青汁の効果の信ぴょう性を調査するため、研究データの有無やそれをもとに効果をめざすための目安量や摂取機関を調べております。

ぜひ、大麦若葉を健康や美容のサポートとして取り入れるための参考として頂けたら幸いです。

信頼できる機関が発表している大麦若葉に関する研究データをもとに調べてみました。参考資料は文末に記載しておりますので合わせて参考にしてみてください。

栄養管理士

大麦若葉の効果は便通の改善サポートが研究データで立証されているcheck

岡山県立大学大学院の池口氏の研究結果によると、61名(男性4名・女性57名)を対象とし、大麦若葉の便通改善の効能を調べた結果、大麦若葉の粉末を1日4.5g~6g程度の摂取で便通効果が期待できるという内容です。(1)

飲み方としては大麦若葉4.5g~6gを目安量として、100mlの水で1日2回にわけて飲む。飲むタイミングとしては特に指定はありませんでした。

このことから、大麦若葉の青汁に含まれる食物繊維は、便秘が気になる男女に適している可能性がある食品だということがわかります。1日に4.5g~6gを目安として飲むとよいと考えます。

市販されている大麦若葉の青汁は1包あたり3gのものがおおいため、便通ケア1日2包~3包を分けて飲むことがよいと考えます。

青汁は製品によって必ずしも一包に大麦若葉が3g入ってるわけではないです。一包(3g)のなかには、飲みやすくするための抹茶だったり、オリゴ糖など含む場合もあることを覚えておきましょう。

栄養管理士

大麦若葉の効果はない?青汁にダイエットや美容に直接的な働きはないcheck

ダイエット

大麦若葉の粉末を含む青汁はダイエットや美容にもよいといわれていますが、これらの効果を立証する直接的な研究データは存在しませんでした。(2018/12月現在)

しかし、大麦若葉には食物繊維を含めさまざま栄養素が含まれており、食前に飲むことで食べ過ぎや間食を防ぐはたらきや、糖の吸収をおだやかにすることが期待されており、その結果、スタイル維持にもよいと言われていると考えられます。

Check Point

食物繊維の便通予防によってブツブツなどの荒れ対策のサポートをする
美容に関しても、大麦若葉に含まれる食物繊維の便秘の改善サポートによって、腸の健康を整える結果。体のめぐりがよくなり、スッキリとした体やブツブツなどの荒れにアプローチするためだと考えます。

栄養管理士

大麦若葉はコレステロールや中性脂肪への効果 check

クロロフィル

大麦若葉に含まれる葉緑素(クロロフィル)がコレステロールの低下によいといわれています。(2) 実際の研究論文として、大麦若葉とハトムギを使ったコレステロールの影響に関する海外の論文が存在します。

血液中のコレステロールや中性脂肪が平均よりおおい40人の患者を対象に行われた研究結果で、1日15gの大麦若葉を4週間補給した結果、血液中のコレステロールが減少したという内容です。(3)

非喫煙者のほうが血液コレステロールの酸化を抑えることができた

さらに研究内容によると、血液中のコレステロールの変性(酸化)に対する影響は喫煙者に比べて、非喫煙者のほうがよい影響が得られたという内容です。

血液中のコレステロールは変性(酸化)することで、健康被害のリスクがおおきくなるといわれております。(5)

このことから、コレステロール対策に大麦若葉を検討している方は、1日15gを目安と同時に、喫煙者は禁煙することも検討することがよいと考えられます。

栄養管理士

大麦若葉は食後の血糖値を抑える効果が期待できるcheck

大麦若葉粉末に含まれる不溶性食物繊維は、食後の血糖値の上昇をおさえる効果が示された研究データが「大麦若葉の消化管における機能性に関する研究(1)」のなかで記載されております。

研究では男女29名(男性19名・女性10名)を対象に、大麦若葉の粉末1.5gを含む粉末飲料を100mlの水に溶かして、糖質を含む食事と同時に摂取した結果、食後120分後の血糖値が有意に低下を示したとのことです。
このことから、血糖値の対策として大麦若葉の青汁を飲む場合、1.5g以上の粉末を食事と一緒に摂ることが良いと考えられます。

栄養管理士

大麦若葉とケールや明日葉の違いはなに?check

大麦若葉がケールや明日葉にくらべて違う点は、「飲みやすさ」と「食物繊維の含有量」です。(6)

青汁にして飲む場合、ケールや明日葉はどうしても青臭く・苦味があり飲みにくさがあります。それに対して大麦若葉の青汁は、ほんのり甘味がありニオイのクセも少なく飲みやすいことがメリットです。

加えて、ケールや明日葉と比べても不溶性食物繊維の含有量がおおいのも特徴です。(1) 不溶性食物繊維は便通を促し、腸の健康をサポートする効果が期待できるとされています。(8)

栄養管理士

大麦若葉の青汁の飲み方check

大麦若葉はクセもなく飲みやすいため、シェーカーで水に溶かしただけでも飲むことができます。青汁の製品によって原材料が違うため、飲みにくさも感じる場合は牛乳や豆乳で割るとクセが抑制され飲みやすくなります。

飲む時間は基本的に好きなタイミングで飲んで構いませんが、ダイエットや食後の血糖値対策を気にしている方は、飲むタイミングによって、いいサポートとなります。

ダイエットのための大麦若葉の青汁の飲み方と注意点

水

大麦若葉に含まれる食物繊維は、お腹のなかで水分を吸収して膨らむ性質があります。そのため食事の前に飲むことで、満腹感が得られ食べ過ぎや間食を防ぐことが期待できます。

飲み方の注意点としては、カロリー少ない水で割ること。太る原因となるカロリーや脂質のたかい飲み物で割らないことです。

ジュースで割ることは控え、牛乳で割る場合のなるべく脂質の低い無脂肪牛乳がよく、豆乳で割るなら砂糖のはいった調整豆乳ではなく、タンパク質がおおい無調整豆乳で割ることをおすすめいたします。

血糖値やコレステロール対策のための大麦若葉の飲み方

大麦若葉に含まれる食物繊維は、食後血糖値の上昇を抑制や血液中のコレステロール低下にはたらきかけることが期待できるとされています。(5)

飲み方としては、食後の血糖値対策としては食前・もしくは、食事と一緒に。コレステロール対策では、(4) を参考に大麦若葉を1日15gを目安に3回に分けて食間に飲むことがいいと考えられます。

栄養管理士

大麦若葉の副作用や飲みすぎによるデメリットcheck

大麦若葉は食品のため、特に製品に基づいた用量・用法を守れば副作用などの心配はないと考えますが、必要以上の飲みすぎは控えるようにしたほうがよいと考えます。

食物繊維の摂りすぎはミネラルはビタミンの吸収を妨げることもある

大麦若葉は食物繊維をおおく含むため、摂りすぎるとビタミンやミネラルの吸収を妨げることも考えられるとされています。(8) 飲みすぎの目安としてお腹を下したり、ゆるい状態が続く場合は食物繊維の摂りすぎの可能性も考えられるので一時的に摂取を控えて様子をみるようにしましょう。

食物繊維不足の目安と管理方法

摂りすぎとは逆に、食物繊維不足の目安は1日1回便通があることと、1回の便の量の目安として、たまご約3個分に満たない場合は、食物繊維が不足している状態の可能性があるということが厚生労働省の情報(8) に記載されています。

大麦若葉の青汁の摂りすぎを防ぐためにも、1日の便通と量を目安に確認しながら管理するようにしましょう。

抗凝固剤ワーファリンを服用している方も摂取に注意が必要

大麦若葉の青汁には製品によって100gあたり410μg~3.300μgのビタミンKを多く含んでいるとされております。(9) 血液を固まりにくくする抗凝固剤ワーファリンを服用している方のビタミンKの摂取量は1日25μg~325μgの範囲で投薬効果に影響を与える可能性があるため大麦若葉を含む青汁の摂取は注意が必要であるとされています。(7)

栄養管理士

大麦若葉は妊娠中は産後に飲んでもいいかは製品によるcheck

大麦若葉

大麦若葉はさまざまな栄養を含む食品のため、大麦若葉粉末100%のものなら妊娠中や産後・授乳中に飲んでも問題はないといわれています。しかし大麦若葉の青汁の場合は、製品によって原料や含有成分に違いがあるため、事前に医師に相談することをおすすめいたします。

栄養管理士

大麦若葉に即効性の効果はない!続けることで効果が期待できるものcheck

大麦若葉などの青汁は薬ではなく、食品からできた栄養補助食品です。あくまで1日3食の食事からの栄養補給を基本としたうえで、足りない栄養を補助するためのものです。

大麦若葉の青汁を短期間飲んだからといって、すぐに効果がでるものではありません。飲み続けること効果が期待することができるようになるものです。しっかり実感するためにも、毎日の補給を習慣化することも大切です。

栄養管理士

大麦若葉の効果に関するまとめcheck

大麦若葉に含まれる栄養素によって、便通予防やコレステロールや血糖値対策にさまざまな研究データが立証されています。ただし、青汁製品によって原料や成分の違いがあるため、研究データと必ずしも同じ効果が得られるとは限らないということも覚えておく必要があります。

あくまで栄養補助食品のため、食事からの栄養補給を基本をしたうえで足りない分を大麦若葉で補うことを心掛けて日頃の健康・美容サポートして活用して頂けたら幸いです。

参考文献

  • (1)大麦若葉の消化管における機能性に関する研究p8~p20
    https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=909&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
  • (2)サプリメント健康辞典(集英社)一般社団法人 日本サプリメント協会
  • (3)高脂血症喫煙者における血しょう脂質とLDL酸化に及ぼす若いオオムギ葉抽出物とはとむぎの影響
    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15187421
  • (4)北海道大学 大学院 保健科学研究院 No.5 LDLの酸化
    https://www.hs.hokudai.ac.jp/cmcl-lala/foodreport/ldl%E3%81%AE%E9%85%B8%E5%8C%96%EF%BC%88%E6%AD%A6%E7%94%B0%E6%99%B4%E6%B2%BB%EF%BC%89/
  • (5)大麦若葉の消化管における機能性に関する研究p105~p117
    https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=909&item_no=1&attribute_id=20&file_no=1
  • (6)最新栄養成分辞典(主婦の友社)
  • (7)青汁製品中のビタミンKの分析
    https://ci.nii.ac.jp/naid/10020350364
  • (8)食物繊維の必要性と健康(厚生労働省eヘルスネット)
    https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-001.html
  • (9)青汁製品テスト(名古屋市消費生活センター)
    https://www.seikatsu.city.nagoya.jp/files/anzen/file/AOJIRU.pdf

この記事のご感想・評価のご協力をお願いいたします

ページ訪問ありがとうございます。この記事の感想や評価、もう少しこういうところを教えてほしいなどの要望がございましたら下記よりご協力をお願い致します。

口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

青汁の栄養価にこだわる!管理栄養士もおすすめ【なるほど青汁】
総合評価:  
 0 コメント
感想・評価をもっと読む+
表示数を戻す

ページTOPへ