なるほど青汁|トップページ > 青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

栄養管理士

青汁で対策ができる期待できるシミの種類check

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

シミにはいくつかの種類があります。種類によって原因や対策も違ってきます。
青汁で対策が期待できるのは紫外線が原因で起こる老人性色素斑のシミです。人が紫外線を浴びると、体内にメラニンという黒褐色の色素を作る細胞物質が増殖します。このメラニンは、紫外線の刺激から肌を守るために太陽の光を吸収します。 しかし肌を守るためのメラニンがそのまま肌に沈着するとシミの原因となってしまうのです。

シミの種類一覧と症状

試験管老人性色素斑

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

シミの中で最も多い紫外線が原因のシミのことです。頬骨やこめかみにできやすく、一番シミとしてイメージしやすいものになります。大きさは数mm~数10mmほどで、平坦な丸い色素班です。

試験管肝斑

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

頬骨、鼻の下、額などに左右対称に現れる濃淡のないシミのことです。30~40代の女性によくみられます。閉経と共に消えるため、女性ホルモンが関係していると言われています。特に妊娠中やピルの服用中に出現しやすいそうです。

試験管ソバカス

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

鼻を中心に小さな斑点が散らばるように現れるのがソバカスです。遺伝的要素が大きいもので、小学生ごろから出る人が多いです。色は淡褐色ですが、成長と共に数が増えたり、紫外線の影響で濃くなることがあります。

試験管遅発性両側性太田母斑

額、目の周り、頬などにある茶褐色や青色のあざのことです。生まれつきあるもので、日本人に多いと言われています。生まれてすぐに現れるものもあれば、大人になってから出てくるものもあります。これらを治すにはレーザーでの治療が必要になります。

試験管脂漏性角化症

イボのように盛り上がったシミのことです。シミの角化が進み隆起したものです。手の甲に出るケースが多くあります。炭酸ガスレーザーで薄く削り取る方法や、色素レーザーを照射する方法で治療が進められます。

青汁がシミ対策に良いと言われる理由は以下2つあります。

  • 青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめもともとのシミの原因であるメラニンを作らないようにする働きがある
  • 青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ肌の新陳代謝をフル回転させ、メラニンを沈着させないようにする働きがある

青汁は薬ではないので即効性はありませんが、飲み続けることにより今あるシミが薄くなり、これ以上シミを増やさないよう予防してくれるという働きが期待されます。

シミ対策に良い青汁の成分と理由青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

青汁に含まれるどのような成分がシミ対策に良いのでしょうか。

    青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

  1. まず、体内でメラニンを作らせないための成分です。 メラニンは抗酸化成分によって発生を抑えることができます。青汁にはビタミンC・ビタミンE・SOD酵素などが豊富に含まれています。これらの成分は強力な抗酸化作用をもっています。
    特にビタミンCはメラニンを作らせないだけでなく、できてしまったシミを薄くするはたらきもあります。ビタミンCは、体内にとどまって排出されないメラニンの色素そのものを普通の色素に戻す還元作用があるのです。 SOD酵素は、青汁の原料として代表的な大麦若葉に存在する成分です。このSOD酵素のはたらきをうけたい場合は、大麦若葉が配合されている青汁を選ぶとよいでしょう。

    青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

  1. 次に、新陳代謝を促進する成分です。肌の新陳代謝機能のことをターンオーバーと呼びます。シミができてしまってもターンオーバーが機能していれば、シミは消えていきます。葉酸やビタミンE・ビタミンB2などがもつはたらきです。
    ほかにも青汁に多く含まれている食物繊維が便秘を解消することにより、老廃物の蓄積を防ぎます。老廃物が溜まらないことにより、正常な新陳代謝が行われるようになります。
    新陳代謝によりメラニンが肌に沈着する前に、肌が生まれ変わることができるのです。

シミ対策に良い青汁の飲み方とおすすめレシピcheck

シミ対策におすすめの青汁レシピを紹介します。

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

青汁+アセロラジュース

青汁に含まれるビタミンにプラスしてアセロラジュースのビタミンCで相乗効果を得られます。

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

青汁+オレンジジュース

アセロラジュースの酸味が苦手だという人は、同じ柑橘類でも飲みやすいオレンジジュースでチャレンジしてみてください。この時必ず果汁100%のものを選んでください。果汁が少ないものは糖分が多いため、ビタミンもあまり含まれていません。

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

青汁+コーンスープ+まいたけ

青汁入りきのこのコーンスープです。まいたけに含まれるメラニン色素の発生を抑えるチロシナーゼ阻害物質が青汁だけで飲むよりも効果を発揮してくれます。まいたけにはチロシナーゼ阻害物質だけでなく、食物繊維も豊富に含まれています。

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

青汁ジェノベーゼパスタ

一からジェノベーゼを作るのではなく、市販のジェノベーゼソースに青汁の粉末を混ぜるやり方をおすすめします。もともとジェノベーゼはバジルを使っているため、青汁独特の風味も半減します。飲むばかりで飽きてしまった場合はこういった料理も試してみてください。上でおすすめしているマイタケを具罪に入れるとさらに効果が期待されます。

これらを飲む・食べるタイミングですが、普段の食事に合わせることが大切です。食事中は消化器官が活発に動いているため、最大限の栄養を短時間で吸収することができます。食事に合わせることができなくてもゆっくりですがきちんと吸収できるので安心してください。効率よく吸収したい場合は食事の時間に一緒に摂取しましょう。

シミを悪化させない生活習慣と食生活check

Point.1できるだけ紫外線を予防する

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

やはりシミの直接の原因である紫外線をなるべく浴びないようにすることが大切です。完全に防備することは難しいですが、真夏以外にも日焼け止め効果のある化粧下地を利用したり、日差しの強い日には日傘や帽子を利用するなどの対策が必要です。

Point.2日焼け止めは皮膚への負担が少ないSPF15程度のものを選ぶ

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

シミの原因の紫外線を防ごうと強力な日焼け止めを使うことはNGです。確かに紫外線から肌を守ってくれますが、あまり強力な日焼け止めになるとそれを塗るだけで肌へ負担がかかります。肌へ負担をかけるということは肌の調子がよくなくなるということ。そうなるとシミができやすい肌へ近づいてしまいます。
下地に含まれているていどの日焼け止め成分なら構いませんが、日焼け止めを使う場合はSPF15程度の肌に優しいものを使うようにしましょう。

Point.3肌の乾燥はシミの原因となるので保湿などで乾燥を防ぐ

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

肌が健康でないとシミが定着しやすくなります。肌の健康を保つためには乾燥を防ぐことが大切です。特にお風呂上りや洗顔後は乾燥しやすいのでなるべく早く化粧水や乳液などで保湿するように心がけましょう。このとき美白成分やビタミンC誘導体の配合された化粧水を使うとさらに効果が得られやすいでしょう。

Point.4ビタミンをたっぷりと摂れるバランスのとれた食事を心がける

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

脂っこい食事が続いたり、甘い食べ物ばかり食べていると肌荒れしやすくないですか?肌荒れの状態が続いているとシミが定着しやすくなってしまいます。食事は肌への影響が出やすいので注意すべきです。肌を健康的にたもつには、やはりバランスの良い食事が大切です。特に、抗酸化作用をとりいれるためにビタミンを意識した食事内容にするとよいでしょう。そうすると自然とバランスの良い食事になるはずです。

Point.5睡眠不足やストレスに注意する

青汁で対策できるシミの種類とシミを薄くする方法まとめ

寝不足やストレスが原因でシミが定着しやすくなります。寝不足やストレスが原因でホルモンバランスが悪くなると自律神経が乱れ、肌の新陳代謝が遅れてしまいます。なるべくストレスをためないようにし、毎日ぐっすりと眠ることができれば新陳代謝が促進され、シミのできにくい肌になるでしょう。

この記事のまとめ

紫外線が原因となる<老人性色素斑>は青汁で改善が期待できる

シミから肌を守るために日々、紫外線対策をする

抗酸化作用を期待できる食事を意識しましょう

日々の生活習慣にも注意することが大切

ページTOPへ