なるほど青汁|トップページ > ぐんぐん下がる!?コレステロールを青汁で下げる健康習慣まとめ

青汁がコレステロールを下げる効果が
期待できる理由

青汁は多くの野菜を使って作られています。そのため、青汁を飲むだけでビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養を補給することができます。
この豊富な栄養がコレステロール値を下げる効果を持っているのです。その中でも特に食物繊維がコレステロール値に関係しています。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。青汁には、この2種類の食物繊維が含まれています。
まず、水溶性食物繊維はコレステロールが腸の中で吸収されるのを防ぐ作用があります。吸収されなかったコレステロールは便と一緒に体の外へ排出されます。
不溶性食物繊維は腸の中で胆汁酸を取り込むことにより、新しい胆汁酸を生産させようとします。新しい胆汁酸をつくるにはコレステロールが必要になります。胆汁酸を作る際にコレステロールを消費することにより、コレステロール値が低くなると言われています。

コレステロールを下げるためには、三大原料と呼ばれる「ケール」「大麦若葉」「明日葉」が原料として使用されている青汁を選びましょう。これらの「ケール」「大麦若葉」「明日葉」には食物繊維が豊富に含まれています。この三種類が原料に含まれていれば間違いありませんが、成分表示に水溶性食物繊維、もしくは難消化性デキストリン、不溶性食物繊維、またはキトサンと記載されているものを選ぶと確実でしょう。

コレステロールを下げる作用に働きかける成分

ビタミンE 強い抗酸化作用を持ち、動脈硬化の原因となる過酸化脂質を分解することによりコレステロールを減らします。
ビタミンC コレステロールを胆汁酸へ変化させ体外に排出させる。ビタミンCが不足するとコレステロールも増えてしまいます。
SOD酵素 抗酸化作用があり、コレステロールが酸化する原因である活性酸素の働きを抑え、血液中に沈着することをふせぎます。
葉緑素 植物中に含まれる緑色の色素。細胞組織への成長促進作用があり、コレステロール値を下げるはたらきがあります。
カテキン 食事中のコレステロールの吸収を抑制するはたらきがあります。
キトサン コレステロールから胆汁酸になった時に再吸収せずに体外へ排出させ、血中コレステロール値を下げるはたらきがあります。

コレステロールを下げるための青汁の飲み方

さちこさんの青汁生活25日目
画像参考:さちこさんの青汁体験25日目

青汁は薬ではないので、いつ飲むべきという時間はありません。しかし体内への吸収を効率よくするためには、食事と共に飲むのが一番良いでしょう。

食事中は胃や腸など消化器官が活発に動いています。この活発に動いている時を狙って飲むと、青汁の栄養素が素早く吸収され、さらに食事に含まれるほかの栄養素と共に摂取できるのでおすすめです。

青汁だけで飲んでいると、体内に取り込まれてから体が反応し、消化・吸収の準備を始めるのでどうしても吸収されるまでに時間がかかります。

Check Point

おすすめの飲み方は青汁の豆乳割りです。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンにも青汁と同じくコレステロールを下げるはたらきがあります。青汁と豆乳を同時に飲むことにより相乗効果が期待されます。

普段の食生活や生活習慣にも気を付ける

食事と生活習慣の見直しを

コレステロールを下げるには、ただ青汁を飲むだけでは効果は得られません。毎日の食事や生活習慣などに気を付けたうえで、青汁を飲むことにより相乗効果を期待できるのです。

コレステロールが高くなる原因の生活は「食べ過ぎ・飲みすぎ・運動不足」と言われています。青汁を飲みながらこれらの食事を含む生活習慣を改善することにより、コレステロールを下げることができるはずです。

それでは、具体的に気を付けることをあげていきます。

1日3食規則バランスよく食べる

1日2食にしたり、多く食べたり食べなかったりとバラバラな食事を摂ると、体が脂肪を溜め込もうとしてしまうためコレステロールも一緒に体内にためこんでしまいます。

和食、魚料理中心にする

バターやベーコンなどは飽和脂肪酸を多く含んでいます。飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを増やしてしまいます。また、肉類も脂質の多いものではなく、低脂肪のものを食べるようにします。魚の脂身はコレステロールだけでなく中性脂肪を下げ、動脈硬化予防にもなるので積極的に食べるとよいでしょう。

夜食など夜遅くに食べることを控える

食事のあと3時間以内に寝てしまうと食事によって摂取したエネルギーが吸収されずにためこまれてしまいます。中性脂肪やコレステロール値が上がる原因となります。

腹八分目にする

食べ過ぎることによりエネルギーが多くなると体内のアセチルCoAという物質が増えてしまい、コレステロールの合成が進んでしまいます。

お酒は適量に

適量のアルコールは善玉コレステロールを増やす効果があるといわれています。善玉コレステロールのおかげでコレステロール値が下がることが期待されます。しかし、飲んでいいからといって飲みすぎは禁物です。

栄養バランスのよい食事を心がける

食事だけ、青汁だけでは栄養バランスが良い状態にはなりません。お互いに足りない部分を補うために、バランスの良い食事+青汁という最強の組み合わせでコレステロールに立ち向かいましょう。

誰にでもできる有酸素運動「ウォーキング」を行う

血流がアップすることにより、コレステロールが血管内にとどまることを防ぎます。また、ウォーキングは特別な道具などは必要ないので誰にでも取り組むことができます。時間がない人は、エスカレーターをやめて階段を上ってみたり、1つ手前の駅で降りて歩いたりとほんの少しでも歩くことを習慣化するとよいでしょう。

長距離サイクリング

ウォーキングと同じ有酸素運動になります。ウォーキングよりも遠くへ行くことができるので毎回目的地を決めてサイクリングに出かけると飽きずに続けられるのではないでしょうか。ロードバイクなどの高い自転車でなくても、普段から乗りなれた自転車で十分です。気分もリフレッシュされるのでおすすめです。

コレステロール対策の為のおすすめの青汁

ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>
ヘルスマネージ大麦若葉青汁<キトサン>

コレステロールの吸収を抑える不溶性食物繊維<キトサン>が配合された青汁です。
コレステロールが高めの人に適した食品として、特定保健用食品のマークがついています。
このキトサンは、摂取し続けることにより4週間後にコレステロール値が低下したという実験結果が出ているので、実際に飲み続けたときの効果が期待されます。
農薬不使用なのはもちろん、抹茶を配合したおかげでとても飲みやすく仕上がっています。毎日飲み続けるためにはやはり飲みやすさが重要です。このヘルスマネージ大麦若葉青汁は青汁が苦手な方でも飲みやすく、キトサンが豊富に含まれている点でとてもおすすめです。

詳細ページはこちら

健康道場 粉末青汁
健康道場 粉末青汁

1杯で100gもの野菜の栄養を摂取することができる健康道場の粉末青汁です。コレステロールを下げる効果のある食物繊維が一般的な青汁に比べて2倍以上も含まれています。また、圧倒的な野菜量のおかげで幅広い栄養素を摂取することができます。マイクロパウダー製法のおかげでアレンジの幅が無限大です。このアレンジが飽きることなく毎日続けていく秘訣ではないでしょうか。なかなか継続して青汁を飲み続けることのできなかった人にぜひおすすめしたいです。

詳細ページはこちら

この記事のまとめ

コレステロールを下げるには青汁だけでなく、食習慣・生活習慣の改善が必要です。

和食中心の食事、日常的な有酸素運動、青汁の摂取がコレステロールを下げる近道です。

コレステロールを下げるための食物繊維が豊富に含まれている青汁を選ぶことが大切です。

何事も毎日継続することが大切です。青汁のアレンジ力を磨き、毎日おいしく楽しく青汁を飲みましょう。

ページTOPへ