なるほど青汁|トップページ > いつ飲むのが効果的?「青汁」を飲むタイミング

いつ飲むのが効果的?「青汁」を飲むタイミング

栄養バランスに優れ、多くの人から愛され飲用されている「青汁」。
朝に飲むという人も夜に飲むという人もいると思いますが、実は青汁は飲む時間によって得られる効果が違うということをご存知でしょうか?

青汁を飲むおすすめのタイミングと、その効果について紹介していきます。

野菜不足や栄養バランスの偏りが気になる場合には、青汁の栄養素をしっかり取り入れることができる「朝」に飲むのがおすすめ。

朝の体はエネルギー不足で水分や栄養を欲している状態。このタイミングで青汁を飲むことで、体は水分とともに栄養素を体内全体にバランスよく吸収していくことができるのです。

また、水分が不足していた体は「青汁」によって血液循環が良くなるため、スッキリした目覚めをサポートしてくれる効果も。
朝にバランス良く栄養を摂ることで脳の働きも活性化し、午前中の仕事効率をアップさせてくれます。

Check Point

しかし寝起き1番に冷たすぎる飲み物を一気に飲むと、胃や腸が刺激を受け腹痛が起こってしまう場合も。
なるべく常温程度の青汁をゆっくり飲むよう心がけましょう。

ダイエットをしたい時は、食前に青汁を飲むと◎

ダイエット目的で青汁を飲んでいる場合には、なるべく「食前」に青汁を飲むようにするのがおすすめ。

これは食べる前に青汁を飲むことで満腹感中枢を刺激し、その後の食べ過ぎを防ぐ効果が期待できるためです。
青汁を飲む時も、ゆっくりと噛むように摂取するとより効果的です。

Check Point

青汁の中には食物繊維も豊富に含まれているため、お腹の中でゆっくりと膨らみます。そのため少ない食事の量でも空腹を感じにくく、間食防止にも役立ちます。
青汁にはさまざまな栄養素が含まれているため、ダイエット中に陥りやすい栄養不足の解消にも効果的です。

便秘改善には「朝食時」か「就寝前」

ダイエット目的で青汁を飲んでいる場合には、なるべく「食前」に青汁を飲むようにするのがおすすめ。

便秘が気になる場合には「朝食時」か「就寝前」に青汁を飲むことで、腸内環境を整え便秘を改善していくことができます。

人によっては、就寝前に青汁を飲むと腸の働きが活発化してしまうため眠りにくいと感じることがあるかもしれません。
そのような場合には、「朝食時」に青汁を飲むようにしていくと良いでしょう。

こまめに何回にも分けて飲むのも良い方法

さまざまなビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれている青汁ですが、一度にたくさん飲む方法だとすべての栄養が吸収しきれず排出されてしまうことも。

1日に1~2杯程度の量を何度かに分けて飲むようにすると、栄養を無駄なく取り入れることができ効率的です。

この記事のまとめ

1日に必要な栄養素が簡単に摂取できる青汁。

「この時間に飲まなければならない」というものではありませんが、より青汁の効果を得るために飲む時間について少し意識してみるのも良いかもしれません。

自分に合った時間帯に青汁を飲むよう習慣づけ、元気でトラブルのない生活を送っていきましょう★

ページTOPへ