なるほど青汁|トップページ > 青汁ランキング > 大正製薬のキトサン・難消化性デキストリン青汁の2種類に期待できる効果まとめ

ユーザーさんからの質問:
大正製薬の青汁の効果について教えてくださいcheck

血糖値が高いため、日頃の対策として大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁を検討しております。血糖値の対策としての有用性やよい飲み方を教えてください

監修 野田茉里奈(のだまりな)

【資格】

管理栄養士免許
栄養教諭一種免許状
臨床栄養師
家庭料理技能検定2級

Read more ▼

【現在の活動内容】

管理栄養士として特定保健指導業務を担当。メタボ予備群もしくはメタボと判定された方に対して生活改善を促すお仕事。食事だけでなく、生活リズム全般に関する指導を行っている。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には2種類あり、難消化性デキストリン配合タイプとキトサン配合タイプがあるようです。

まずキトサンと難消化性デキストリンが配合されてことが何によいのか教えて頂けたらと思います。

キトサンは、コレステロール対策、脂肪吸収阻害、血圧対策、腸内代謝サポートによいと報告されています。

また、難消化性デキストリンは血糖対策、中性脂肪対策、腸内代謝サポートの効果があります。

素人目でみると両方とも似たような効果ですね。ひとつずつ詳しく教えてください。

キトサンはコレステロールの吸収を抑制サポートをするcheck

はい。まずキトサンは、食物繊維の一つです。エビ・カニ・キノコなどから抽出することができ、厚生労働省も食品添加物として食品に入れても問題ないと認定しています。

  • ・食物繊維なので、人間の消化酵素では分解できず、便のかさを増やします。
  • ・塩に含まれる塩素を便として排出させてくれるので、血圧を下げる効果があります。
  • ・腸管でのコレステロール再吸収を抑制サポートし、脂肪細胞では脂肪を分解サポートするため、コレステロール値対策に役立ちます。
  • ・肝臓に脂肪を蓄積しにくくするという報告もあり、脂肪肝の予防に役立ちます。

キトサンって食物繊維なんですね。コレステロールの吸収をケアする働きがあるのか。

はい。しかし、ヒトでの有効性については、国立健康・栄養研究所では信頼できる十分なデータがないとしています。効果があったという研究結果も、効果がなかったという結果もどちらもあるからです。

なるほどヒトによっては効果がはっきりしないということかな。

そうとも言えますね!

これらの結果を総合的に判断する分析法で分析したところ、総コレステロール値は低下する可能性があるとされていますので、キトサンが全く効果がないわけではないと思います。

ただ、薬ではないので誰もが良くなるわけではないということは知っておいていただきたいです。

確かにキトサンってエビ・カニなどから抽出する食品ですもんね。薬のように100%の効果が発揮するということではないということですね。

もうひとつの難消化性デキストリンはどうですか?

難消化性デキストリンは血糖値の上昇の抑制サポートをするcheck

難消化性デキストリンもキトサンと同じく食物繊維の一つで、食品添加物として認められています。

  • ・水溶性食物繊維なので、大腸内で善玉菌のエサになります。
  • ・糖分の吸収の抑制サポートをするので血糖値が急上昇しなくてすみ、血中の糖分を体脂肪として溜め込もうと働くインスリンと呼ばれるホルモンの分泌が少なくなり、体脂肪対策にも繋がります。
  • こちらはヒトでの研究でも1回あたり4g以上を食事とともに摂取すれば効果があることが分かっています。

おっ!難消化性デキストリンは実感があるということが立証されてるんですね。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁2種類の適切な選び方check

ヘルスマネージ大麦若葉青汁を選び方の切り分けとしてどのようなことが気になる方にどちらを選んだらよいでしょうか。

簡単にいうと、キトサン配合はメタボ予防と便通対策、難消化性デキストリン配合は血糖値対策と便通対策という使い分けをすることがお勧めです。

血糖値よりもLDLコレステロールや血圧の方が気になるという方はキトサン配合で、特に血糖値の対策をしたいという方は難消化性デキストリン配合がいいですよ。

メタボ予防や血糖値のためのヘルスマネージ大麦若葉青汁の良い飲み方は?check

それぞれの状態が気になる方にヘルスマネージ大麦若葉青汁の良い飲み方があれば教えてください。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁のキトサン配合は、レモン水も一緒に飲むことをお勧めします。

レモン水?ビタミンCということですか?

はい。

実はキトサンは長期的な摂取によってカルシウムの排泄を促進する可能性があるという研究結果があります。特に閉経後の女性や高齢者はただでさえ骨が弱くなっていきやすいので、キトサンを長期的に摂取すると骨折のリスクが高まる原因になってしまいます。

キトサンを長期的に飲むとカルシウムは排出されるリスクがあるということか。ビタミンCはその対策ということですね!

ビタミンCはカルシウム排泄を抑制することによって、キトサン摂取が引き起こす骨量減少を軽減してくれるビタミンです。そのビタミンCが多い、レモンやオレンジなどの果汁、もしくは果物そのものと一緒に摂取すると安心です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁にレモンをそのまま絞ったほうがよいでは?

青汁の割材として使用してもいいのですが、ホームページに「牛乳やジュース、その他の飲料などに溶かしたり、料理に混ぜると渋味を感じることがありますのでお控えください。」と記載がありますし、抹茶を原料に使用するなど美味しく飲めるよう工夫もされているので、止めた方が良さそうです。

そっか。レモンを直接入れると風味を損なう恐れがあるということか。キトサンとビタミンC。覚えておいたほうがよいですね!

詳しくはこちら

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の難消化性デキストリンのよい飲み方check

難消化性デキストリン配合の青汁を飲む際には、食事と一緒に摂取することが一番大切です。食事中に含まれる糖分や脂肪分の吸収を抑制サポートする作用があるので、食間に飲んでもあまりいい効果は得られません。

食間ではなく、食事中に飲んだほうがよい。メモですね!他にありますか?

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の難消化性デキストリン1日の摂取目安は記載がありませんが、野菜を食べられない食事の時には摂取するといいですよ。

ただ、体質によってはお腹のはりや下痢に繋がる可能性があるので、初めのうちは少しずつ様子を見ながら飲むことをお勧めします。

野菜が摂れないときの食物繊維の補給ということか。なるほど。飲み過ぎはお腹がゆるくなる場合があるということなのでそこは注意ですね。

また、既に血糖値を改善するための治療を行っている方は医師に飲んでもいいか確認をした方がいいです。特に薬を飲んでいる方は薬との飲み合わせで低血糖になる恐れもあるので注意してくださいね。

なるほど治療中の場合は逆に低血糖のリスクになることもあるのですね。血糖値の治療をしている方は薬との飲み合わせの確認ですね。

詳しくはこちら

もういちど復習しよう

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁はどんな青汁check

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁は大麦若葉を主成分とした青汁です。
難消化性デキストリンが配合されたものと、キトサンが配合されたものの2種類あります。
どちらも特定保健用食品で、それぞれのからだへの効果が科学的に証明されています。


難消化性デキストリン配合のものは、「食後の血糖値が気になる方にという記載がある通り、難消化性デキストリンが配合されていないものに比べて食後30分の血糖値が低いという試験結果が出ています。
キトサン配合のものは、「LDLコレステロールが気になる方にと記載があり、キトサンが配合されていないものに比べて4週間後のLDLコレストロール値が低くなるという試験結果が出ています。


このように、特定保健用食品であることでより効果が期待できる青汁となっています。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁がおすすめの方check

四角食後の血糖値が気になる方・・・

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンが配合されているので、食後の血糖値の上昇が穏やかになります。

四角LDLコレステロール値が気になる方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン

キトサン

胆汁酸の再吸収を抑制するため、血中コレステロールを低下させる働きのあるキトサンを配合しています。

四角腸内環境に悩む方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁の成分分析と期待できる効果まとめ

両方

食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境のサポートが期待されます。特にキトサン配合の大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、不溶性食物繊維が多く含まれているので、腸内の水分を保持しお通じを促す作用があります。

四角エイジングケアに興味のある方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁

両方

大麦若葉特有のSOD酵素が高い酸化ケア作用を持っており、エイジングケアのはたらきがあります。

四角妊娠中など葉酸を必要とされている方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁

両方

大麦若葉には小松菜の約6.5倍もの葉酸が含まれています。葉酸は妊娠中の方だけでなく幅広い性別・年代の方に必要な栄養素でフラフラ対策やエイジングケア、生活習慣対策に役立ちます。サプリメントに抵抗のある方などはぜひ試してみてください。

四角貧血気味で鉄分不足の方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁

両方

大麦若葉にはほうれん草の約8.8倍もの鉄分が含まれています。普段の食事から多くの鉄分を摂ろうと思うとなかなか難しいですが毎日の青汁の習慣で改善が期待されます。

四角野菜不足が気になる方・・・

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁

両方

日頃外食が多い方や、野菜の高騰などで野菜をあまり食べていないと気になる方は1日1杯飲むだけでも野菜不足が改善されるはずです。

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁の主成分check

大麦若葉

大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁の主成分である大麦若葉は、イネ科の植物で大麦が稲穂を付ける前の若い葉のことを指します。
この若い葉が緑黄色野菜の中でほかの野菜よりも栄養が詰まっているということで注目されることになり、青汁の主成分の代表格として使われています。
大麦若葉は食物繊維が特に豊富に含まれており、便通対策や腸内環境を整える効果があります。妊娠中の女性に特に必要な葉酸や、高い酸化ケア作用を誇るポリフェノール、貧血を防ぐ鉄分や、大麦若葉特有の成分であるSOD酵素が含まれています。SOD酵素は体内のエイジングケアに役立つとして注目されています。

研究難消化性デキストリン配合タイプは血糖値対策に良い

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁

大正製薬の青汁は、トウモロコシのデンプン由来の水溶性食物繊維である難消化性デキストリンが配合されています。
難消化性デキストリンは、小腸の粘膜からの糖の吸収を穏やかにする働きがあります。そのため糖の吸収に時間がかかるため、食後の血糖値の上昇が穏やかになるのです。実際に米飯と共に難消化性デキストリン入りの大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲んだ場合と、難消化性デキストリンが配合されていない青汁を飲んだ場合の食後30分の血糖値に差がでました。このことから難消化性デキストリンが食後の血糖値の上昇を穏やかにするはたらきがあるとわかります。

詳しくはこちら

研究キトサン配合タイプはコレステロール値の対策に良い

大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁

キトサン配合タイプの大正製薬の青汁は、コレステロール値の対策に良いです。
カニの殻由来のキチンという物質を加工して作られた不溶性食物繊維で、血中コレステロールは肝臓で胆汁酸となり、小腸へ分泌されます。その後一部は再吸収されて肝臓へ戻り、残りは便として排泄されます。 キトサンはこの再吸収を抑制するはたらきがあるので、胆汁酸を再吸収させずに便として排泄するように促します。胆汁酸が再吸収されないというこのはたらきのおかげで、通常よりも血中のコレステロールが多く使われるようになります。そのおかげで血中コレステロール値が低下するのです。
実際に、LDLコレステロール値が120~160mg/dlの人を対象に、キトサン配合の大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁とマルトデキストリン配合の大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁を1日3袋、12週間摂取させた結果キトサン配合の大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁を飲んだ群のLDLコレステロール値が低下していました。
このことからキトサンが実際にLDLコレステロール値低下のはたらきがあるということがわかります。

詳しくはこちら

それぞれの成分に副作用はみられませんが、飲みすぎることにより水分の摂りすぎ+食物繊維の摂りすぎより、おなかがゆるくなる可能性があります。もし、お腹がゆるくなった場合は一時的なものですので1日の量を減らすなど体調を見て分量を調節するようにしてください。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁のまとめ

ヘルスマネージ大麦若葉青汁は、トクホの商品です。消費者庁が特定の健康効果が期待できると表示してもいい、と許可しているので、ある程度の健康効果は期待できる商品です。

また、大正製薬さんが実際に商品を使用して効果の有無を実験しているので、正しく飲めば記載されている効果を得ることができると考えて良いと思います。

ただ、これを飲んだからといって過信して暴飲暴食をしてしまえば、それはやっぱり意味がなくなってしまうので、毎日の食習慣も少しずつ良くしていくことが大切ですよ。
ご自身の気になる検査値、状態に合わせて選択をして、しばらく続けて飲んでみて効果を確かめてみてくださいね

青汁ヘルスマネージ大麦若葉青の口コミ一覧と投稿フォーム

栄養管理士
口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

青汁の栄養価にこだわる!管理栄養士もおすすめ【なるほど青汁】
総合評価:  
 1 コメント
お名前:ふじい
まだわからない

主人が健康診断でコレステロールが引っかかるため購入し毎朝飲ませています。次の健康診断の結果がどうなるかわかりませんが味は美味しいようですよ。

口コミをもっと読む+
表示数を戻す

ヘルスマネージ大麦若葉青汁デキストリンの公式サイトへ

ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサンの公式サイトへ

このページを読まれている方は以下の関連ページも合わせて読んでいます

ページTOPへ