なるほど青汁|トップページ > しっかり学べる青汁の種類・栄養士による間違えのない青汁の指標

監修 野田茉里奈(のだまりな)

【資格】

管理栄養士免許
栄養教諭一種免許状
臨床栄養師
家庭料理技能検定2級

Read more ▼

【現在の活動内容】

管理栄養士として特定保健指導業務を担当。メタボ予備群もしくはメタボと判定された方に対して生活改善を促すお仕事。食事だけでなく、生活リズム全般に関する指導を行っている。

青汁の種類は形状や原料の違いでメリット・デメリットがあるcheck

青汁の種類

青汁には種類があり、形状や原料の違いでそれぞれメリットやデメリットがあります。青汁の形状は手作りの青汁をはじめ、通販や市販で定番となっている粉末タイプ、また冷凍タイプやゼリータイプ、錠剤タイプで分類されます。

そのなかで美容や健康維持として、おすすめできる青汁の形状は、栄養成分の含有量がたかい手作り青汁や熱を加えずに製造されたフリーズドライタイプの粉末青汁・生のままフリージングされた冷凍青汁です。

目安として飲みやすい形状ほど糖分や合成添加物の配合がおおく、飲みにくい形状ほど野菜そのままの栄養素の含有量がたかい傾向にあります。

下記に青汁の形状の種類とそれぞれのメリットとデメリットをまとめております。

手作り青汁 特徴 生ケールや大麦若葉を手で搾って作った青汁
メリット 劣化や酸化のない新鮮な野菜に熱をくわえずに搾るため、そのままのビタミン・ミネラルを摂ることができる
デメリット ケールや大麦若葉が市販で購入することがむつかしくコストがたかい。冷蔵庫での日持ちもできないためすぐに作って飲まなければいけない

冷凍青汁(液体タイプ)check

冷凍青汁(液体タイプ) 特徴 大量のケールや大麦若葉を機械で搾り鮮度のたかい状態のまま青汁を冷凍したもの
メリット 絞ったものをそのまま冷凍しているので栄養価が高いものが多い。粉末青汁にくらべて粉っぽさがなく喉ごしが良いフレッシュな風味がある
デメリット 1食ずつの個包装がおおきいため冷凍庫のなかで保存がかさばるだけばく、配送料のコストがかかる。賞味期限が短く、青汁のフレッシュな風味が苦手な方には不向き

粉末青汁(フリーズドライ・顆粒タイプ)check

粉末青汁(フリーズドライ・顆粒タイプ) 特徴 洗浄した緑黄色野菜を粉末状態に加工した青汁
メリット たくさんの種類があり好みに合うものを探しやすい。何に溶かすかも自由でアレンジがしやすく、持ち運びができ外出先でも飲みやすい
デメリット 粉末加工時に乾燥させ熱を加えるため手作りと比べると多少壊れるビタミンがある。フルーツ粉末や甘味料で飲みやすく加工しているものもおおく栄養含有の少ない青汁がおおい

青汁ゼリー(スティックゼリータイプの青汁)check

青汁ゼリー(スティックゼリータイプの青汁) 特徴 細長く薄いスティックタイプのゼリータイプがおおく、個包装されているので持ち運びも便利
メリット えぐみ・苦味がなく美味しいものが多い。個包装なので持ち運べる(冷蔵保管のものは注意)水分も必要なく、押し出すだけでそのまま食べられるため片づけも楽。飲み物よりもお腹に溜まりやすい
デメリット 青汁以外の副産物、添加物が多く含まれている(糖質や人工甘味料が含まれているものも多い)他のタイプと比較して栄養価が低く価格が高いものが多い。高齢の方は喉に詰まる可能性がある

青汁サプリ(錠剤・カプセルタイプ)check

青汁サプリ(錠剤・カプセルタイプ) 特徴 青汁の成分をサプリメントのように錠剤やカプセルしたもの
メリット 苦味などをあまり感じずに飲み込むことができる。常温保存可能なので持ち運べる。溶かしたりする手間もなく、水分さえあれば一番早く飲める
デメリット 粉末青汁や冷凍青汁と同じ栄養量を摂取しようとすると何十粒も飲まなくてはならなくなる。高齢の方だと飲みにくい場合がある同じ栄養量を摂ろうと思うと価格が高くなるものが多い。ビタミンやミネラルの栄養表示がないものなどが多く選びづらい

なるほど、こうしてみると青汁の形状は粉末青汁が手軽に栄養が摂りやすいってことがわかりますね!

一番おすすめは手作りですがコストや手間・味をトータルで考えると、やはり粉末タイプの青汁が使いやすくて続けやすいです。

粉末青汁の成分内容の違い・フルーツや糖分で飲みやすくしたものほど栄養価が少ないcheck

通販やドラッグストアで定番となっている粉末青汁でもフルーツ粉末や糖分でおいしく飲みやすく加工した青汁ほど栄養価は低くなります。

ケールや大麦若葉は緑黄色野菜のなかでもビタミン・ミネラルがおおいのですが、味にくせがあり、そのままでは食べにくいから、しぼって液体にして栄養をそのまま飲んでしまおうというのが青汁です。

その液体の栄養価をなるべく残しつつ加工したものが粉末青汁ですが、フルーツ青汁と呼ばれるものは青汁よりもフルーツの成分がおおかったり、甘味料をおおく配合している青汁も存在します。

やはり青汁として飲みたいなら、ケールや大麦若葉や乳酸菌や難消化性デキストリン、その他、機能性成分を配合した栄養の含有量がのおおい青汁がおすすめです。

フルーツ成分がおおいと青汁を飲むというよりフルーツを飲むことになりますよね(汗

はい。青汁1食分の容量が限られるなかで青汁よりも果物の含有がおおくなる分、おそらく果糖も多くなります。
美味しさだけを求めている方にはよいのですが糖質を体脂肪として溜め込みやすい夜の時間帯に飲む方にはお勧めできません。

青汁の主原料の特徴と自身の食生活を比べると適した青汁がわかるcheck

いろいろな緑黄色野菜

青汁の原料にはケール・大麦若葉・明日葉・長命草・ユーグレナなどのほか、複数の野菜は何十種と配合したものがあります。ケールや大麦若葉は栄養価がたかいといわれておりますが、人によって生活習慣も食生活もちがうため、原料の特徴をみて自身の食生活にあわせて選ぶとよいです。

大麦若葉に含まれる栄養と期待できる作用

大麦若葉 主な栄養 ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE・βカロテン・カルシウム・食物繊維・カルシウム・鉄・亜鉛・カリウム・SOD
期待できる作用 食物繊維が豊富なので便秘解消やダイエット効果が期待できます。デトックス効果・抗酸化作用など美容効果がえられます。
飲みやすさ 抹茶のような風味で飲みやすいです

ケールに含まれる栄養と期待できる作用

ケール 主な栄養 βカロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・食物繊維・メラトニン・ルテイン・フラノボール配糖体
期待できる作用 トップクラスの抗酸化作用が期待されます。熟睡効果が期待できるメラトニンや、目を保護するはたらきのあるルテインが含まれています。またフラノボール配糖体は花粉症軽減効果が期待できます。またメラニンによる色素沈着抑制効果があるので美白を維持するはたらきもあります。
飲みやすさ 少々えぐみがあるが、組み合わせによっては飲みやすくなります

明日葉に含まれる栄養と期待できる作用

明日葉 主な栄養 βカロテン・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウム・鉄・食物繊維、カルコン
期待できる作用 明日葉特有のカルコンが動脈硬化・高血圧・糖尿病の予防の働きを持っています。ほかにも食物繊維による便秘解消効果、骨粗しょう症予防効果、むくみ解消、認知症を改善するなど期待されています。
飲みやすさ 独特のにおいと苦みがあるが、組み合わせによっては飲みやすくなります

桑の葉に含まれる栄養と期待できる作用

桑の葉 主な栄養 カルシウム・鉄分・カリウム・βカロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・食物繊維・鉄・カルシウム・1-デオキシノジマイシン(DNJ)・ギャバ
期待できる作用 糖質の吸収を抑制し、血糖値をコントロールすることにより糖尿病の予防や改善が期待できます。ほかに糖質をエネルギーに変え脳や筋肉を正常に働かせる作用があります。また、食物繊維により便秘解消効果があります。
飲みやすさ お茶の代わりとして飲めるくらい飲みやすいです

長命草に含まれる栄養と期待できる作用

長命草 主な栄養 ビタミン類・ポリフェノール・βカロテン・ミネラル・ルチン・クロロゲン酸・イソサミジン
期待できる作用 ポリフェノールの効果により活性酵素を除去する抗酸化作用が期待されます。それにより美肌効果も期待されます。イソサミジンによる血流を改善する効果もあります。
飲みやすさ 味があまりよくなく、苦みもあり飲みやすいとはいいがたいです。

ユーグレナに含まれる栄養と期待できる作用

主な栄養 必須アミノ酸・アディポネクチン・パラミン・ビタミン・ミネラル・パラミロン・乳酸菌
期待できる作用 抗アレルギー作用により、アトピーや花粉症などを軽減させることができます。また、乳酸菌により腸内環境を整えるはたらきもあります。
飲みやすさ 昔ながらの青汁のような青臭い後味が残るので、苦手な人は飲みにくいでしょう。

こうやってみるとケールや大麦若葉にない特徴をもってる原料もあるんですね!

青汁の原料になっている緑葉野菜は、他の食品と比べるとどれも栄養価が高いものばかりです。一つの主成分がたっぷり入っていても、十数種の野菜がブレンドされていても、結局は配合割合や全体量によって栄養量が随分変わってきます。

総合的に見てどの青汁が自分に合うかを判断するときにはやはり野菜の種類や数ではなく、栄養成分表示を見て判断するのが良いですね。

便通や糖質など特定の悩みには機能性成分を配合した青汁check

緑葉野菜や緑黄色野菜だけの青汁だけでなく、便通や食後の血糖値がたかめの方など、特定の悩みがあり青汁を検討している方は、機能性成分を配合した青汁を検討するのもよいと考えます。

例えば大正製薬の乳酸菌キトサン配合の青汁はお通じやコレステロールの症状を穏やかにする作用が認められており、青汁に配合することで、よりよい作用が期待できます。

症状を穏やかにする効果が認められている機能性成分って頼もしいですね!

機能性成分にもいろいろありますが、乳酸菌や難消化性デキストリンなどの機能性成分の青汁はお通じが良くなく便秘に悩む方にお勧めです。
難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で乳酸菌のエサになるものなので、乳酸菌を含む納豆やキムチなどを食べるようにするとさらに効果的です。

管理栄養士の間違えのない青汁を選ぶためのポイント(まとめ)check

手作りの青汁が一番いいのですが、毎日続けることがむつかしいのでトータルで考えると粉末タイプの青汁がよいと考えます。原料や栄養に関しては、製品によっても違いがあるため、間違えのない選び方として一番のお勧めは、栄養成分表示を見て選ぶことです。

青汁は栄養不足を補うために購入するものなので栄養成分表示を見て栄養がきちんと入っているのかどうかが一番見ていただきたいところです。

その上で、自分が飲み続けられる味かどうか、値段はどうか、ということも確認をしてもらえたらしっかりと飲むことに意味も感じられて好みにも合う、というものが見つけられ、続けやすいですよ。

この記事のご感想・評価のご協力をお願いいたします

ページ訪問ありがとうございます。この記事の感想や評価、もう少しこういうところを教えてほしいなどの要望がございましたら下記よりご協力をお願い致します。

口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

感想・評価をもっと読む+
表示数を戻す

ページTOPへ