なるほど青汁|トップページ > 青汁の選び方 > 青汁ならどっちがいいの?ケールと大麦若葉の違いを管理栄養士に質問してみました。

監修 野田茉里奈(のだまりな)

【資格】

管理栄養士免許
栄養教諭一種免許状
臨床栄養師
家庭料理技能検定2級

Read more ▼

【現在の活動内容】

管理栄養士として特定保健指導業務を担当。食べ過ぎにお腹のぽってりが判定された方に対して生活の見直しを促すお仕事。食事だけでなく、生活リズム全般に関する指導を行っている。

ケールの青汁と大麦若葉の青汁のおおきな違いについてcheck

青汁にはケールと大麦若葉の青汁がありますが、大きな違いという点で何が違うのでしょうか?それぞれの特徴もあわせて教えて頂けたらと思います。

大麦若葉,ケール

一番の大きな違いは、味です。
ケールは独特の風味や青臭さがあり飲みにくいですが、大麦若葉は抹茶風味で青臭さが少なく飲みやすいと話す方が非常に多いです。

大麦若葉がイネ科の大麦の若い葉っぱの部分のことを指すのに対してケールはキャベツなどと同じアブラナ科の野菜なので、味はだいぶ変わってきます。

大麦若葉とケールは両方とも色の濃い緑葉野菜なので栄養価は優れています。どちらが栄養価がたかいのか?気になる方も多いと思いますが、今回調査した結果、総合的にバランスがよく優れているのはケールでした。

しかし、大麦若葉に含有していてケールに含有していない栄養素などもあり、どちらの栄養価としては良い部分があると言うほうが答えとしては近いかもしれません。

栄養と一言でいっても色んな栄養素があること、大麦若葉の栄養量がケールのように正式に国から報告されていないことから、いまのところ専門家のあいだでは意見が分かれています。ネット上では大麦若葉の方が栄養量が多いとする意見を見かけることが多かったですが、まだきちんとした正解は出ていないのでは、というのが正直なところです。

大麦若葉とケールどっちの栄養価が優れているのか私も気になりました。
総合的な栄養ではケールが優れていて、ケールには少ない栄養素が大麦若葉には含有されているので栄養価としてどちらが高いのか甲乙がつけにくいということか。

そうですね。ケールと大麦若葉はどちらも色の濃い野菜なので、栄養価は高いです。
どっちの栄養価が、というと意見が分かれるところなのですが、私は総合的に見るとケールの方が栄養があると感じています。

なるほど。ケールは緑黄色野菜の王様ともいわれていますからね!

それと今回2つの野菜の栄養素を調査してみたのですが、ケールは文部科学省が出している食品標準成分表に栄養価が載っていますが大麦若葉は載っていないので同じ条件下で比較することが難しくなんとも言えないという部分もあります。

ケールの栄養は国から正式な報告があるのに対して大麦若葉はまだ正式な報告がない。それだと確かに比べようがないですね・・・。

はい。なので今回はインターネット上で見かける大麦若葉の100g粉末の栄養量とケールの水分量を考慮し粉末に置き換えて計算した栄養量を比較しました。
すると、ケールの方がカリウム、カルシウム、βカロテン、ビタミンCにおいてすぐれていました。
大麦若葉にも鉄分と不溶性食物繊維、そして特にスタイルサポートに役立つといわれる栄養素はケールよりも多く含まれています。

大麦若葉は鉄分と不溶性食物繊維・美容サポート成分がケールと同様に優れている・・・では青汁で飲むならどっちがいいのでしょうか?次の質問で教えてください!

美容が目的ならケールをスタイルが気になる方は大麦若葉の青汁がよいcheck

ケールや大麦若葉の栄養を手軽に取り入れる方法として青汁を検討している方もおおいと思います。
双方のどちらにだけおおく含有する栄養成分を知り、目的にあわせて青汁を選ぶことでよりよい作用が期待できます。

野田先生!美容もしくは健康維持の目的で大麦若葉とケールの青汁を選ぶならどちらの青汁がいいのでしょうか?

美容目的の方は、ケールの青汁がお勧めです。
ケールには冒頭でお話ししたとおりβカロテンやビタミンE、ビタミンCが多く入っているので、紫外線やストレスによって発生する老け進行の原因をなかからサポートする働きに役立ちます。
最近は老け見えの原因の8割は光老化といわれていますので、なかからサポートすることは美容ケアとしてよい働きが期待できますよ。

なかからの美容ケアにはケールがおすすめということか。
スタイルや食べ過ぎのぽっちゃりが気になる方にもケールの青汁はおすすめですか?

スタイルサポートのためにはケールよりも大麦若葉の青汁がお勧めです。
ケールと比べて不溶性食物繊維が多いのでお腹の中で膨らんで食べ過ぎもおさえることに役立ちます。

ついつい食べ過ぎてしまうかたにいいですね!

そのとおりですね!
水溶性食物繊維もケールと同じくらい含まれているので、ごはんの前に飲むことで食べ過ぎを抑制してくれる働きも期待できますし、糖の吸収をおだやかにするという利点があります。

糖の吸収を抑えてぽっちゃりになりにくくしてくれる働きが期待できるということか。
これはスタイルを気にする方にも嬉しいですね!

ケールの青汁はそのままでは苦くて飲めないという方も多く、牛乳に割ったりしてしまいがちですが、そうなると乳脂肪分など余分なカロリーも摂ってしまうことにつながります。
スタイルUPを目指す方にはそのままでも美味しく飲める大麦若葉の青汁がやはりお勧めです。

大麦若葉は鉄分もケールに比べておおく含有しているということですが鉄分が必要な方ってどのような食生活を送っている方に不足しがちになるのでしょうか?

基本的に外食で済ませることが多い方や妊婦さんは鉄分不足になりがちです。
あとは若い女性にも鉄分が多く摂れる大麦若葉の青汁をお勧めします。

若い女性は忙しい毎日で野菜などからの鉄分をしっかり摂れる食事をできないという方も多く、牛肉や赤身魚などの吸収の良い鉄分を含む食品を食べる機会が少ない方もいるため、気づかないうちにクラクラする症状に頻繁に陥っている方が多いと言われています。

ケールや大麦若葉の青汁の飲みすぎによる不調や薬との飲み合わせなど気をつけることありますか?check

なにごともそうですが飲みすぎはよくないですね。始めて飲む方は量に注意して、様子を見ながら始めることをお勧めします。

病院や薬局で販売されている薬と一緒に飲んでもいいものなのでしょうか。

ケールも大麦若葉もビタミンKを多く含んでいるので、ワルファリン(ワーファリン)を飲んでる方は青汁を飲むことは控えたほうがいいです。
ワルファリンを飲んでいる方は青汁を飲んでいいかどうかを医師に相談してくださいね。

またケールの青汁は、アセトアミノフェンやオキサゼパムと呼ばれる薬を一緒に飲むと、よくないと言われています。薬と一緒に飲む際は担当医師や薬剤師さんに確認するようにしましょう。

管理栄養士の野田先生ならケールと大麦若葉どちらの青汁を選びますか?check

ここまでケールと大麦若葉の違いについてお聞きしましたが、管理栄養士の野田先生なら、どちらの青汁を飲みますか?

私なら、夏は紫外線の影響が大きくなる時期なので美容には気をつけたいところ。そのためにケールの青汁を飲んで、なかからサポートケアをします。
ただ、その他の季節はできるだけ飲みやすい方が続けやすいと思うので、大麦若葉の青汁を飲みたいです。

なるほど!美容ケアとしてケール。青汁は飲み続けるってことが大切なので飲みやすい大麦若葉の青汁で日ごろはケアするということか。
わたしも真似します^^

子供の野菜不足の対策として青汁を飲ませるにはケールと大麦若葉どちらがよいですか?また子供の青汁の飲ませ方などアドバイス頂けたら幸いです。check

野菜不足のお子様に飲ませるなら、だんぜん!大麦若葉の青汁です。
きっと苦味が苦手で野菜嫌いになっている子どもも多いと思うので、飲みやすい抹茶風味の大麦若葉の青汁の方が受け入れてもらえると思います。さらに子供がおいしく飲めるように、きな粉や牛乳、はちみつを一緒に混ぜて飲みやすくアレンジをするのも良いと思います。

あとは、コーンスープと混ぜたり、ヨーグルトと混ぜたり。それでもまだ飲みにくいと言われたら、りんごなどの果物ジュースと混ぜるのが一番お勧めです。

野菜嫌いの子供にはクセのない大麦若葉の青汁がいい。野菜の青臭さなどに子供は敏感なのでそれはそうですよね!

ケールでもよいのですが、子供は一度苦いというイメージがつくとなかなか払拭できないと思うので、最初はできるだけ飲みやすい大麦若葉の青汁で美味しそうな飲み方から試すと良いと思います。

最後にケールと大麦若葉の青汁の選び方についてアドバイス頂けたらと思います。check

ご自身がどういった理由で青汁を飲もうと思ったか、というところからどちらの青汁を摂るかを決めていただけたらと思います。両方を交互に飲むこともおすすめですよ。

そしてケールの青汁は大麦若葉と比べて苦味が強いので、できたら最初はお試しの量で買ってみて、飲み続けられるものかどうかをしっかり確認をしていくことも長く続けるコツです。ご自身に合う青汁を探すために色々と試してみてくださいね。

この記事のご感想・評価のご協力をお願いいたします

ページ訪問ありがとうございます。この記事の感想や評価、もう少しこういうところを教えてほしいなどの要望がございましたら下記よりご協力をお願い致します。

口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

口コミを投稿する

青汁の効果・効能を調査する【なるほど青汁】
総合評価:  
 0 コメント
感想・評価をもっと読む+
表示数を戻す

ページTOPへ